運営メンバーBoard Members

一般社団法人残すに値する未来

2017年11月に産声を上げた「風の谷を創る」運動論は、5千年来続いてきた都市集中型社会に対するオルタナティブの創造を目指しています。一般社団法人「残すに値する未来」はその推進母体です。ここに、多様な分野のプロフェッショナル(景観デザイン、土木、データ×AI、森、食と農、エネルギー、編集者、マネジメントほか)と慶應SFC安宅研の学生が集い、様々な知恵とテクノロジーを使い倒すことにより、数百年は続く運動論の最初の型の立ち上げを当面の目標としています。

代表理事

安宅 和人(あたか・かずと)

マッキンゼーを経て、現 慶應義塾大学SFC 環境情報学部 教授/ヤフー株式会社CSO。データサイエンティスト協会理事。総合科学技術・イノベーション会議(CSTI)専門委員ほか公職多数。著書に『イシューからはじめよ』『シン・ニホン』など。100年後、200年後に残すに値する未来を創るべく、様々に働きかけと活動を推進しています。

理事

岩佐 文夫(いわさ・ふみお)

プロデューサー/編集者。自由学園卒。日本生産性本部、ダイヤモンド社にてビジネス書編集者、「ハーバード・ビジネス・レビュー」編集長などを歴任し2017年に独立。英治出版フェロー、ソニーCLS創設30周年記念事業、書籍『シン・ニホン』などのプロデューサーを務める。

宇野 常寛(うの・つねひろ)

評論家。批評誌〈PLANETS〉編集長。著書に『ゼロ年代の想像力』(早川書房)、『リトル・ピープルの時代』(幻冬舎)、『日本文化の論点』(筑摩書房)、『母性のディストピア』(集英社)、『遅いインターネット』(幻冬舎)。石破茂との対談『こんな日本をつくりたい』(太田出版)など。

太田 直樹(おおた・なおき)

New Stories代表。2015年から約3年間総務大臣補佐官を務め、その後独立し、挑戦する地方都市をリビングラボとして、行政・企業・大学・ソーシャルビジネスが共創し、未来をプロトタイピングすることを企画・運営している。18年間在籍したボストン コンサルティング グループでは、テクノロジーグループのアジア統括を務めた。Code for Japan理事としてシビックテックの普及を推進する他、政府や自治体のデジタル政策のアドバイザーを務めている。

菊池 昌枝(きくち・まさえ)

星野リゾート・アセットマネジメントIRディレクター。化粧品・トイレタリーのマーケティングから星野リゾートに転職。3つの「星のや」の総支配人に従事後、現在はESG対応で不動産投資から地球環境と社会課題を解決するサステナビリティプロジェクトリーダー。同時にプライベートではネットワークを活かして暮らしの中で大人の遊び場を作る準備中。

熊谷 玄(くまがい・げん)

ランドスケープデザイナー。STGK代表。現代美術作家崔在銀のアシスタント、earthscapeを経て2009年より現職。都市の大規模再開発から地方や郊外の再生計画まで「人の暮らす風景」をデザインしている。千葉大学、愛知県立芸術大学、東京電機大学非常勤講師。著書「図解パブリックスペースのつくり方」(学芸出版)

監事

柴沼 俊一(しばぬま・しゅんいち)

柴沼 俊一 シグマクシス・インベストメント代表取締役。アグリゲーターとして、大企業とベンチャーが繋がるドメインエコシステムを育みながら事業開発・投資を行っている。ライフワークとして、未来社会を考えるFuture Society 22運営、長野県小布施など地域社会プロジェクトにも携わる。